舌の病気 色や痛みで分かる舌診断ナビ

すぐに病院へ行くべき舌の症状 舌がツルツルしている

スポンサードリンク

すぐに病院へ行くべき舌の症状 舌がツルツルしている。

舌に表れる症状のうち特に注意が必要なのが「舌がツルツルしている」場合です。

 

通常の舌は、舌苔と呼ばれる苔が付着しており、さらに乳頭と呼ばれる小さなポツポツがありざらざらとした見た目をしています。

 

しかし、ある病気の症状の初期症状として舌がツルツルになってしまう事があります。

 

その病気の招待とは

 

鉄欠乏性貧血

 

と呼ばれる病気です。

 

私たちの舌には乳頭と呼ばれる突起が無数に存在しますが、貧血などによる血流の低下が起きると、栄養や酸素が乳頭までに届かなくなってしまいます。

 

すると、通常は突起状の乳頭がしぼんでしまい、舌の表面が平らになり、ツルツルとしたてかりが見られるようになるのです。

 

鉄欠乏性貧血とは体内に鉄が不足する事によって、充分なヘモグロビンを生産する事が出来ずに起こる貧血を指します。

 

スポンサードリンク

 

原因として考えられるものは

 

・慢性的な出血による鉄の体外への喪失

 

・手術により胃などの内臓を切除した場合に起こる鉄の吸収不良

 

・妊娠などによる急激な鉄の使用料の増大

 

などがあげられます。

 

この場合に特に危険なのは体の内部で出血が起きている可能性もあるという事です。

 

舌以外の症状としては、動悸、息切れ、眩暈、呼吸困難感、みみなり、疲労感、爪が上向きに反る、などがあげられます。

 

考えられる病気としては、胃がん、胃潰瘍、その他の臓器の悪性腫瘍など生死にかかわる重大な病の可能性もあります。

 

ツルツルとした舌を発見した場合は、早急に内科などを受診する事が必要です。

 

スポンサードリンク