健康な舌の特徴

健康な舌とは

スポンサードリンク

健康な舌とはどのような特徴があるか

 

舌で病気の判断をする前に、健康な人のしたがどのようなものかを知っていなければ判断をすることはできません。

 

健康な人の舌は自然なピンク色をしており、舌苔(ゼッタイ)と呼ばれる白い苔状のものが薄く付着します。

 

体調が良くない人や何らかの病気を患っている人の舌は、赤や黒、青や白など様々な色に見えます。

 

舌の表面に付着する舌苔も、不健康な人は黄色や黒っぽく変色します。

 

さらに、健康な人の舌には適度な湿り気がありますが、何らかの問題がある人の場合、乾燥したり、ひびが割れたり、苔がなくなりツルツルになってしまう事もあります。

 

裏側には二本の静脈が流れており、健康な人はうすく線が見える程度ですが、そうでない場合には線がくっきりと浮き出たり、赤く腫れてしまいます。

 

スポンサードリンク

 

そして、動きは滑らかで、自分の意思の通りに舌を動かす事が可能です。当たり前のようですが、何らかの病気が原因で舌の動きがぎこちなくなったり、しびれたり、自分の意思とは別に曲がったりしてしまいます。

 

ただし、舌の表情は日々刻々と変化するものです。それは食事や睡眠時間、ストレスの有無などでも微妙に変わります。

 

舌は新陳代謝が高い為特に急激な変化をすることがあります。中には必要以上に神経質になる事でかえってストレスをためてしまう人もいます。

 

子供の舌は理想の舌?

 

子供の髪や肌を見ると、その光沢やキメの細かさは決して大人にはかなわない事がわかりますよね?

 

それと同じように、子供の舌は本来の健康的な舌のお手本となるような美しさを持っています。

 

健康な舌のイメージがわかない人は、子供の舌をよく見てみるとよいでしょう。

 

肌や髪と同じように、子供と同じ状態に戻す事はできませんが、これからあなたが目指す健康な舌の状態がはっきりと見て取れるでしょう。

 

 

スポンサードリンク