舌の正しい位置はどこ?間違った舌の位置は受け口、出っ歯の原因に

舌の正しい位置はどこ?間違った舌の位置は受け口、出っ歯の原因に

スポンサードリンク

正しい舌の位置はどこ?受け口 出っ歯 滑舌が治るって本当?

正しい舌の位置と言われても親や学校の先生が教えてくれる訳ではないので、日常から気にしている人はそれほど多くはないでしょう。「どこに収まっている状態が正しい舌の位置なのか?」という事を普段はほとんど意識しないと思いますが、言われてみると気になって変に意識してしまったりするものです。

 

実は、舌の位置が正しい場所にないと、しゃくれ顔と呼ばれるような下顎が前に突き出た「受け口」や、前歯が異常に突出した「出っ歯」のように、顔の輪郭や骨格を変形させてしまう事もあるのです。あなたの大切な顔がゆがむ、変形するとなれば、正しい舌の位置の大切さはお分かりいただけると思います。

 

逆に、今出っ歯や受け口、しゃくれ顎で悩んでいる人、さらには滑舌が悪い、舌を噛んでしまう、口呼吸、無呼吸症候群、,口臭、集中力など様々な問題を、普段の舌の位置を正す事によって解消する事ができるのです。

 

舌の正しい位置はどこ?

舌が正しい位置に収まるポイントを「スポット」と呼びます。スポットは上の前歯の付け根より少し後ろ側にある丸く膨らんだ部分です。

 

人によってスポットの大きさは若干異なりますが、この部分に舌の先がくっついていて、なおかつ舌全体が上顎にペタッと張り付いている状態が正しい位置とされています。
通常口を開けた際に舌は上顎(口の中の上部)から離れます。しかし、口を閉じた時には舌は上顎にくっつきます。

 

口を閉じた時に舌が前歯に当たっている状態や舌が口の中の上部にくっついていない状態は正しい舌の位置とは言えません。

 

このように舌が下に下がってしまう状態や前歯にくっついてしまう状態を低位舌と呼びます。低位舌の原因は加齢により舌の筋肉が衰えた事で起こりますが、無意識にやってしまっている舌の癖によっても症状が現れます。

 

スポンサードリンク

 

皆さんは舌癖(ぜつへき)という言葉をご存知ですか?
噛み合わせには上と下の前歯が正常に噛み合っていない開咬(かいこう)という状態があります。通常は下の歯が後ろ側に上の歯が前側にきますね。
開咬になると上と下の前歯の間に隙間が空いてしまい、その隙間を埋める為に舌が出てくる状態になってしまいます。それを「舌癖」又は「舌突出癖」と呼び、舌が正しい位置にない状態となります。

 

舌癖があると、かみ合わせや顔の骨格が悪くなるというだけでなく、身体的な様々な悪影響を及ぼす事となります。矯正装置で治す事もできますが、装置を外すと再発する可能性がある為、「舌が出るという癖」そのものを治すトレーニングが必要になります。矯正装置をつける事は問題の根本が解消されないのです。

 

舌癖(ぜつへき)の原因と症状

特に小さな子供に多いのですが、ゲームやテレビを見ている時に、ポカーンと口を開けて上下の歯と歯の間から舌が出ていたり、ご飯を食べたり飲み込む時に上下の歯の間に舌を強く押し付ける行為があります。このような癖がある場合は舌癖であると言えます。

 

最近は口をポカーンと開けているお子さんが多いというのは聞いたことがあるかもしれませんね。実は食生活の変化などにより、唇を閉じる力が今の子供達は低下してきていると言われています。

 

特に物を飲み込む際に舌癖は強く現れます。つまり嚥下(えんげ)時に突出して現れるため「異常嚥下」と呼ばれます。異常嚥下がある場合には物を飲み込む際に強く唇を閉めなければならなくなる為、口元に異常な緊張や、顎部分に梅干しの種のようなボコボコが現れます。

 

あなたの舌は正常な位置?舌癖チェック項目

 

あなたの舌が正常な位置にあるかどうか簡単に調べる方法をご紹介します。

 

人は一日に1000回唾液を飲み込むと言われています。この時に舌が正しい位置にないと舌癖が悪化すると言われています。

 

すぐにできる舌癖チェック法

 

口を閉じた状態で唾をのみ込んで見てください。ゴクンと飲み込んだ時に舌がスポットからずれて前歯にあたってしまう人は舌癖があり舌が正しい位置に収まっていない可能性が大きいと言えます。一日に1000回舌が歯を押し出している訳ですから影響がない方がおかしいですね。

 

舌癖チェックリスト

また以下の項目に該当するものが無いかチェックしてみてください。

 

無意識の状態のとき舌が前歯に接触している
口元の筋力が弱く口角が下がってしまう
食べ物を口からこぼす事が多かったり、話し中に唾が飛びやすい
ぼーっとしていると口が勝手に開いてしまう
さ行た行ら行の発音が悪い、言い辛い
物を飲み込む時に唇を強く閉じてしまう、歯の隙間に舌を押し付けてしまう
出っ歯や受け口が気になる
舌を噛んで痛い思いをする事が多い
物を食べる時に舌が食べ物を迎えに行く恰好になる
舌の側面にデコボコとした歯形がある

 

これらの項目に一つでも該当する場合、あなたの舌は正常な位置になく、舌癖がある可能性があると言えます。

 

舌癖の原因とは

 

舌の位置がずれてしまう舌癖になる原因はいくつか考えられます。

 

幼少期のおしゃぶり

これが最も多い原因とされます。指しゃぶりを長く続けていると、指を入れていた前歯にぽっかりと空間が出来てしまいます。その空間を埋める為に無意識のうちに舌を前歯に押し付けてしまいます。すると前歯は前側に変形し受け口や出っ歯の原因となります。

 

かといって、赤ちゃんの指しゃぶりを辞めさせる必要はありません。赤ちゃんは指しゃぶりをする事で顔や口の周りの筋肉を発達させている為、悪い事ではないのです。しかし、顎の変形や舌癖がついてしまう為、大人の歯に生え変わるまでには指しゃぶりを辞めさせなければなりません。

 

ストレス


多くの癖の原因はストレスが関係していると言われています。舌癖に関してもストレスが要因となり正しい舌の位置をキープできなくなり、それが習慣化してしまう事があります。また、舌の位置だけでなく、舌や頬の肉を噛む癖も現れる場合があります。舌癖がある事を自覚し、ストレスの根本となっているものを認識する必要があります

 

舌小帯(ぜつしょうたい)と呼ばれる舌の裏側の筋が短い

滑舌が悪い人は舌小帯が短いというのは聞いた事があるかと思います。また、舌小帯が短い場合、舌が十分上に上がらず正常な舌の運動が出来なくなる為、奥歯側を押し当てる癖ができてしまいます。すると前歯ではなく糸切り歯〜奥歯の間に隙間が出来てしまいます。

 

舌の筋力の低下

他の筋肉と同じように、加齢とともに舌も筋力が衰えます。舌を動かすトレーニングを行い筋力を回復させる必要があります。

 

喉の病気、扁桃肥大、鼻炎、鼻閉などの鼻疾患、咽頭扁桃が増殖し肥大したるアデノイド

これらの疾病がある場合には鼻からの呼吸がし辛くなる為、どうしても口呼吸になってしまいます。すると唇を閉じる事が出来なくなる為舌癖がおこるとされています。

 

舌が極端に長い場合や大きい場合

舌の大きさは体調などによっても変化しますが、もともとの舌が長い場合や大きい場合は舌がスポットに収まらず歯に押し付ける状態となってしまいます。

 

幼児期などに前歯を早くに失くしてしまった

失った前歯部分を埋める為に無意識に舌を押し当ててしまいます。

 

 

舌の位置が悪いとこんな症状が

舌が正しい位置にないと多くの問題が発生します。顔のゆがみなどの見た目の美しさに関わる問題から、高血圧や心疾患など思いもよらない症状が現れる可能性がある為侮る事はできません。また、逆にこれらの症状は舌の位置を正しく修正するだけで改善される可能性があると言えます。

 

滑舌が悪くなる

特に、サ行タ行ラ行などの発音が舌足らずな発音になります

 

歯並びが悪くなる

舌が上下の前歯の裏側を押し付ける形になる為、また、口や唇の筋肉が弱くそれを押さえつける力が無い為、歯が変形し歯並びが悪くなります。その為、歯並びの矯正をする際も、舌癖をなおして正しい舌の位置の習慣をつけてからではないと意味がなくなります。

 

骨格がゆがむ 受け口 出っ歯

顎の骨や歯の機能的なかみ合わせを阻害し不正咬合(ふせいこうごう)、すなわちしゃくれ顔と呼ばれる受け口や出っ歯となり、顔のゆがみを招きます。

 

いびき 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時、舌の位置が喉側へ垂れ下がってしまうため軌道を塞いでしまいます。すると、「いびき」や「睡眠時無呼吸症候群」を誘発します。
呼吸の質が悪い状態が長く続くと、血中の酸素飽和濃度が下がる為、高血圧、心疾患、脳梗塞、さらには痴呆といった病気を招く結果となりかねません。

 

口臭がきつくなる

唾液の量が少なくなったり、口の中が乾きやすくなる為口臭が強くなります。

 

 

歯はくっつけた方が良いの?

ここで一つ疑問が沸いてきます。正しい舌の位置は分かったが、その際に上の歯と下の歯はくっつけた方がよいのか?離した方がよいのか?という点です。これに関しては「歯は離す」という事を意識しましょう。歯を常にくっつけた状態は頭痛、肩こり、腰痛、歯のゆがみなどを引き起こす原因となります。舌の位置ばかりに気を取られていると歯の状態を無視してしまいがちです。舌はスポットに当てる形で上顎にくっつけて、歯は少し離すという姿勢をキープしましょう。

 

舌を正しい位置に固定するトレーニング

 

舌の位置を正しく治す事が出来ると、これまでに紹介した様々な身体的悪影響を改善する事ができます。その為の簡単なトレーニングをご紹介します。

 

サランラップを使ったトレーニング

サランラップを使って練習する事ができます。まず、サランラップを10cmほどカットします。次に1辺が2cmの正方形になるように折りたたんでいきます。

 

折りたたんだラップを口の中のスポットに当てて、舌の先端でラップが落ちてこないように抑えてあげます。この状態を保ったまま日常の生活を送ります。
舌癖がある場合には舌の筋力が弱っている為最初はスポットに当てた状態をキープするのが難しいかもしれませんが、継続すれば徐々に出来るようになってきます。
外出先では難しいかもしれませんが、自宅に居る時であればいつでも行う事ができるのでお勧めです。

 

常に意識させるトレーニング

 

非常に原始的な方法ですが、家の至る所に「舌の位置」と書いた付箋を張りまくる、という方法です。冷蔵庫やトイレや机など目が行き易い場所にはすべて張りましょう。付箋を家中に張ることで、気が緩んだ時などでも目に付箋が入れば意識が舌に向かう為、習慣化させる事ができます。このいうトレーニングは、歯を常に食いしばってしまう人が「歯を離す」と書いても有効です。

 

再発はするの?

歯や骨格は意外なほどに舌の影響を受けやすく、少しでも舌の位置がずれた状態が続いたり、舌癖により舌を歯に押し付けてしまうと、再度開咬状態、すなわち出っ歯や受け口に戻ってしまったり、歯のかみ合わせが悪くなってしまいます。

 

一度トレーニングによって舌癖が治ったにも関わらず再発してしまった場合には、バイオフィードバック法を取る事ができます。
これは、無意識のうちに身体に起きている状態を知る事で、意識的に心身の状態を制御する技法です。人間は不思議なもので、一度覚えたものは少し意識するだけでそれが蘇ってくるという性質があります。その為、一日1回、舌の先をスポットに当てる事を意識するだけで、もう一度舌の正しい位置を思い出し、習慣化する事が出来るのです。

 

大人も治るの?

 

舌癖や歯のかみ合わせは子供の方が成長と共に修正する事が出来る為治しやすいという特徴はありますが、大人であってもしっかりとトレーニングをつめば治す事は可能です。
大人の場合も、睡眠時無呼吸症候群や高血圧、心臓病、滑舌の悪さ、受け口や出っ歯などのフェイスラインのゆがみなど、様々な問題が舌の位置をただすことで解消されますので、是非正しい舌の位置を意識して生活してみましょう。

 

スポンサードリンク