病気 舌癌 舌の症状 原因

舌の病気 舌癌の症状と原因とは

スポンサードリンク

舌の病気 舌癌の症状とは

舌癌は口腔内に発生する癌の約90%を占める割合で発症しますが、癌患者全体で見た割合はごくわずかだとされます。

 

発症する年代は30〜50代で比較的男性に多いと言われています。

 

舌癌の症状

 

症状としては舌の側面が白く変色する場合が多く、先端や中央には出来にくいとされています。

 

また、舌の奥に症状が現われた場合、舌の異常に気付く事が出来ず、治療の開始が遅れてしま事も考えられます。

 

癌が進行すると、痛みや出血等が見られ明らかな舌の異常であると確認が取れます。

 

舌の動きは鈍くなり、物を飲み込んだりしゃべったりする事が困難になります。

 

また、癌を発症したことにより舌の血行が悪くなり、表面に黒や紫色の斑点が現れたりする場合もあります。

 

スポンサードリンク

 

舌癌の原因

原因は喫煙、アルコールの摂取、不規則な生活や、歯並び、金歯、入れ歯などが舌を繰り返し刺激するなどの慢性的な原因が考えられます。

 

また、就寝時や何かに集中している時などに、無意識のうちに舌や口の内側を噛んでしまう癖がある人は要注意です。

 

また、癌の発症は確率問題ですので、いくら予防をしても防ぐ事ができない場合も当然あります。

 

舌癌の初期段階での発見であれば5年生存率は90%とされている為、舌の異常を感じたら自己診断にとどまらず、すぐにでも医師の診断を受けることが重要です。

 

スポンサードリンク