病気の 種類 舌の症状

病気の種類で変わる舌の症状

スポンサードリンク

病気の種類で変わる舌の症状

舌の色や形、症状などを観察する事でどのような病気の危険性があり、何に気をつけるべきかが分かるようになります。

 

このように、舌を見て患者の健康状態を測定する事を中国医学では舌診と言います。

 

舌の変化を見極める事ができれば、今は健康な人でも、将来的に発症する可能性のある病気が見えてくるのです。

 

糖尿病、高血圧症、うつ病、脳梗塞、くも膜下出血、心筋梗塞、狭心症、胃炎、肝炎、肺炎、喘息、そして癌(がん)などの日本人に多いとされる病気をメインに、病気の種類によって表れやすい舌の表情を解説します。

 

なんらかの舌の異変に気が付いた場合は、舌の情報だけで判断せず、病院での診察を早めに行う事も大切です。

 

スポンサードリンク

病気の種類で変わる舌の症状記事一覧

糖尿病患者に診られる舌の症状とは

現在日本人の中で、糖尿病もしくはそれが強く疑われる成人男女はなんと約950万人にも及ぶと言われており、その数は年々増加傾向にあります。これほどまでに糖尿病患者が増えてしまった要因には、老若男女問わず、偏った食生活や運動不足、暴飲暴食が原因とされています。一度糖尿病を発症すると、生涯に掛けて薬物治療や...

≫続きを読む

 

舌の病気 舌癌の症状と原因とは

舌癌は口腔内に発生する癌の約90%を占める割合で発症しますが、癌患者全体で見た割合はごくわずかだとされます。発症する年代は30〜50代で比較的男性に多いと言われています。舌癌の症状症状としては舌の側面が白く変色する場合が多く、先端や中央には出来にくいとされています。また、舌の奥に症状が現われた場合、...

≫続きを読む

 

高血圧症に見られる舌の症状

高血圧症は日本人に非常に多い病気の一つです。あまりにも多くの人が血圧を抑える薬を服用している為、人によっては「みんな飲んでいるんだから大丈夫、高血圧なんて普通の事だよ」と口にする患者も少なくありません。果たして本当にそうなのでしょうか?多くの高血圧症患者は高血圧という症状を甘く見ている傾向にあります...

≫続きを読む