舌 臭い 匂い 口臭 できもの 口内炎 病気 健康 治す方法 原因 改善法

舌の口内炎 できもの 原因と早く治る治療法とは

スポンサードリンク

舌の口内炎 できもの 原因と治療法

口内炎や口の中にできものができると、食べ物が思うように食べる事ができず辛い思いをするものです

 

中でも舌に口内炎やできものが出来たときにはさらに痛みも強く感じ、食事を味わう事もできなくなりま。

 

舌に口内炎が出来てしまう原因は大きく分けて3つの理由が考えられます。

 

アフタ性口内炎

一番多い口内炎がこのアフタ性口内炎といわれています。

 

アフタ性口内炎は疲れやストレス、睡眠不足に加え、ビタミンB2の欠如によって起こるとされていますが、はっきりとした原因は解明されていません。

 

アフタとは粘膜に発生する小さな腫瘍を指し、腫瘍の表面には黄色、又は白い膜が覆われ周囲は赤くただれます。

 

小さな腫瘍が2〜3個集まって出来る事もあり通常は10日〜15日ほどで完治してしまいます。

 

ウィルス性口内炎

口の中にウィルスが進入した事が原因で口内炎が出来る場合もあります。

 

ウィルスが原因とされる口内炎には、カビの一種であるカンジタ性口内炎や水ぶくれの一種である単純ヘルペス性口内炎などが考えられます。

 

予防法としてはうがいを小まめに行うなどして、常に口の中を清潔に保つ事が大切です。

 

スポンサードリンク

 

カタル性口内炎

 

物理的な刺激によって出来る口内炎をカタル性口内炎と呼びます。

 

自分で口の中や舌を噛んでしまい、さらに細菌が進入する事で悪化します。

 

自分で口の中やしたを噛んでしまう原因の一つとしては体重の増加が考えられます。

 

体重増加と同時に顔の脂肪が口の中にまでふくらんだことで、噛んでしまいやすくなっているのかもしれません。

 

注意したいのは、何度も同じところを噛んでしまうと、舌炎や舌癌の可能性が高まってしまうという点です。

 

 

 

これら以外にも、口内炎の原因としては、食品や薬品などが原因のアレルギー性口内炎や、喫煙が原因のニコチン製口内炎などが考えられます。

 

 

口内炎の治療法としては、睡眠、ストレスの解消、ビタミンを中心とした栄養補給が重要です。人によっては、口内炎が良く出来る人の中には、それが一種の自分の体調不良のサインとして捕らえている事も多いようです。

 

 

また、基本的には自然治癒する口内炎ですが、コールセンターや接客業など、しゃべる事が仕事の場合は一日でも早く完治しなければ支障がでてしまいます。

 

実は口内炎の治療薬は各社から発売されており、飲むタイプ、塗るタイプ、はるタイプ、スプレータイプなど種類も様々です。

 

症状や口内炎の出来た患部の場所によって使い分けると良いでしょう。

 

スポンサードリンク