舌を噛む原因 対策 病気

舌を噛む原因と対策 心配な病気とは?

スポンサードリンク

舌を噛む原因と対策 噛み続けると心配な病気

舌を噛んでしまった時の痛みというものは、噛み方によっては言葉に出来ないほどの激痛となります。

 

普段、食べ物を噛み砕いている歯で噛んでしまったら痛いどころでは無いのは当然ですね。

 

噛んでしまった後もしばらくは喋り難くなったり、物を食べ辛くなったりと、日常生活や仕事にも支障がでます。

 

舌を噛んでしまう場合に心配なのは、噛んでしまった幹部に細菌が入り込み炎症を起こしたり、同じ場所を何度も噛んでしまった場合には、最悪舌癌(ぜつがん)を発症する可能性も出てしまいます。

 

舌を噛む原因

舌は話をする時や物を食べるとき無意識の内に非常に複雑な動きをしています。

 

他の事に集中していたり、話に夢中になっていたり、物をかむ事意外に集中しすぎてしまった場合に舌をかみやすくなります。

 

そして、良くあるのは一度舌を噛んでしまうと、物を食べる際、変に意識しすぎてしまったり、食べ方がぎこちなくなってしまい同じ場所を再度噛んでしまうという事です。

 

スポンサードリンク

 

次に考えられる舌を噛んでしまう原因は体調の変化によって舌が変化した事です。

 

このサイトでも述べている通り、舌は常に体調や病気の有無によって大きさや動きが変わってきます。

 

特に舌の両脇を噛んでしまう場合は、舌が大きく腫れぼったくなっている可能性があると言えるでしょう。

 

舌が大きく腫れぼったい原因は←こちらで詳しく述べています。

 

 

また、病気によって舌をかみ易くなる事もあります。

 

その代表的な症状が「唾石症」です。

 

唾石症は尿路結石や胆石と同じように、唾液腺に結石が詰まる事で、唾液が出難い状態となります。

 

唾液線が詰まり唾液が出なくなってしまう事で、舌が常に乾燥した状態となり、動きが鈍くなります。

 

それによって普段は無意識の内に出来ていた動きが出来ず、舌を噛んでしまうという訳です。

 

 

そのほか、舌の動きや脳神経に何らかの異常がある場合や、ストレスによっても変わるとされている為、何度も舌を噛んでしまい、明らかにおかしいという場合には早急に総合病院を受診するようにしましょう。

 

スポンサードリンク