味覚障害 味がしない病気 症状 原因

味覚障害 味がしない病気 症状と原因

スポンサードリンク

味覚障害 味がしない病気 原因と症状とは

人は味覚によって「おいしい」「まずい」「からい」「しょっぱい」「すっぱい」などの感覚を覚えますが、何よりも大切な事は、その味覚によって体内にとって有害なものなのかを見極める点です。

 

もし味覚がなくなんでもおいしく感じてしまったら、体にとって害のあるものでも何でも食べてしまいます。

 

舌や味覚は体内に有害なものが入る前に、吐き出す役割があるのです。

 

しかし、何らかの理由で舌や味覚の機能が弱まり、味がしなくなるという症状が現われる場合があります。

 

スポンサードリンク

 

まず、舌に食べ物を運んでも「味がしない」という場合、胃腸の機能が低下している可能性が考えられます。

 

舌が全体的に白く変色している場合には消化吸収7機能が弱っており、食べたものがなかなか消化されずに胃腸にとどまっています。

 

食欲や気力が無く、ストレスや疲れが溜まっています。

 

胃炎、十二指腸潰瘍、腸炎、消化不良などに注意が必要です。

 

 

舌に厚みがあり、唾液が粘ついている場合には血流の流れが悪く胃腸の機能が低下しています。

 

胃の中にいつまでも食べ物や飲み物が停滞しています。

 

味覚異常が見られた場合には、精神的な要素が大きい為、焦らずにゆっくりと良く噛んで物を食べるように心がけましょう。

 

スポンサードリンク