舌 震える 痙攣 けいれん 原因 病気

舌が震える 痙攣(けいれん)する原因と病気とは

スポンサードリンク

舌が震える、痙攣(けいれん)する原因と疑われる病気とは

舌を出すとプルプルと震えたり、ピクピクと痙攣(けいれん)する場合、ホルモン分泌の異常、神経障害などに関連する病気が心配です。

 

中でも、舌に炎症や外傷が無く痙攣が起きているようなら、脳腫瘍や脳卒中を疑って早急に脳神経外科を受診する必要があります。

 

 

中枢神経などの神経系か、甲状腺などのホルモン内分泌系の失調であれば、しびれ、めまい、目の充血、動悸、息切れ、イライラなどの症状が現われることもあります。

 

食べ物が飲み込みにくい事や、しゃべりづらいなどの症状も感じるでしょう。

 

急な発病や体調変化が起こやすい時期ですので注意が必要です。

 

スポンサードリンク

 

舌の色を見て、赤っぽいようなら高血圧症、脳血管疾患、自律神経失調症、バセドウ病などの甲状腺機能障害が疑われます。

 

反対に、舌が白いようなら胃腸機能、免疫力の低下が疑われ、体力回復の為の睡眠や食事が必要とされます。

 

 

子供の場合、高熱を伴う熱性の痙攣(けいれん)やひきつけが見られます。

 

生後6ヶ月から6歳までの乳幼児に特有の症状とされ、2分〜5分ほどで発作はおさまります。

 

乳幼児の脳は大人に比べ未発達な為、大人に比べて約10倍の確率で痙攣を起こします。

 

舌の震え、痙攣が見られる場合には早急な対処が必要となります。

 

スポンサードリンク