舌 形 大きさ 状態 症状 病気

舌が割れる原因と病気の症状

スポンサードリンク

舌が割れる原因と病気の可能性

舌の表面にヒビのような亀裂が走ったり、割れてしまう原因は体内の水分がうまく循環していない為です。

 

この状態が長期間続くと溝や割れ目は深く大きく成長していきます。

 

表面が割れてしまう程に乾燥しているという事は、何らかの疾病を患っている可能性が非常に高いと考えられます。

 

体内に水がうまく循環していない要因はいくつか考えられますが、生活習慣病や内臓疾患によって、本来あるべき機能が遮断されます。

 

糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病が長引き体の変化として表れている場合もあります。

 

さらに虫歯や鼻炎などが原因で顔面マヒなども引き起こすメルカーソン・ローゼンタール症候群 という聞きなれない病気の患者にもみられる事があります。

 

舌が割れる病気 溝状舌(こうじょうぜつ)

 

舌の表面に溝や切れ目、割れている症状が見られる舌の病気に「溝状舌(こうじょうぜつ)」があります。

 

溝状舌は、生まれつきの先天性である場合と、傷・感染症・全身疾患の症状の一部の場合とに分けられます。

 

割れている箇所に刺激物が触れると、しみたり痛んだりする為、日常生活を送る上で食べ物に気を使わなければなりません。

 

日本人の2〜3%にこのような症状が見られるとされます。

 

「地図状舌」と呼ばれる場合もあり、その根本的な原因は未だ未解明とされています。

 

また、ヒビが入った状態であれば「裂紋舌(れつもんぜつ)」と呼ばれる場合もあります。

 

スポンサードリンク

 

舌の割れを治す方法

 

舌が割れている原因が病気の場合には早急に病院での診察が必要とされますが、水分不足によって割れている場合にセルフケアによって改善できる場合があります。

 

「舌が割れているあなた、口臭はきになりませんか?」

 

友人や家族でさえ口が臭いという事は本人に伝えにくいものですから、自分ではなかなか口臭がきつい事は気にならないものです。

 

しかし、舌が割れる原因の最も大きなものが口内の水分不足が考えられるため、口の中がドライマウスの状態となっている可能性が考えられます。

 

口の中の唾液量が十分にない事で乾燥による舌のひび割れが起こります。さらに、唾液が少ないと口の中で菌が繁殖して口臭の原因になるという訳です。

 

毎日の歯磨きは当然ですが、食事の際はよく噛むように心がけたり、口を開けたままにしない事がドライマウスを防ぐコツとなります。

 

また、薬の副作用によってドライマウスが引き起こされている場合もありますので、可能性がある場合には掛かりつけの医師に相談してみましょう。

 

スポンサードリンク