舌 形 大きさ 状態 症状 病気

舌が大きい・腫れぼったい時の病気とは

スポンサードリンク

舌が大きい 腫れぼったい時の健康状態と病気の可能性

通常、舌をじっくり見ることはほとんど無いため、なかなか自分の舌の変化には気がつきにくいものですが、健康状態によっては、舌の大きさが変わる事があるのです。

 

いつもより、なんとなく舌が大きく、腫れぼったいと感じるようであれば、体の中に不要な水分が溜まっている可能性があります。

 

舌が大きくなるのと同時に顔や足や指などがむくんでいませんか?

 

むくみは関節痛や神経痛、頭痛、肩こり、めまいなどを併発する事があり、くしゃみ、鼻水などのアレルギー反応を引き起こしやすい状態でもあります。

 

スポンサードリンク

 

むくみの原因は体内に水分がとどまっている事ですが、だからといって水を飲んでいけないという訳ではありません。

 

むくみは体内に塩分が多い為に起こる症状ですので、むしろ水を沢山飲んで、塩分を尿と一緒に体外へ排出させなければいけません。

 

この際、ジュースやアルコールは当然厳禁です。必ず水を沢山飲むようにしましょう。

 

血圧の高い人は脳梗塞や心筋梗塞も心配です。塩分は極力取らないように野菜中心の食生活を心がけてください。

 

 

また、舌の大きさが変化する場合はストレスなどの精神面も心配です。
場合によっては鬱(うつ)や情緒不安定になる人もいるでしょう。

 

疲労が蓄積している人はバランスの良い食事と十分な睡眠をとり、早急に体を休めてください。

 

舌が大きい、腫れぼったいと感じたら、生活習慣の改善を自分自身の体が求めているサインだと思いましょう。

 

スポンサードリンク