舌 紫色 変色 病気 健康状態

舌が紫色に変色している場合の病気 健康状態

スポンサードリンク

紫色の舌 健康状態と病気の可能性

紫色の舌は、体内の血流の流れが非常に悪くなっている可能性があります。

 

舌が紫色の場合、唇や顔色も悪くなっている可能性もあります。

 

血液の流れが悪くなっている原因は、高血圧、高コレステロール、どろどろの血液や動脈硬化、冷え性、運動不足、ストレスなど様々です。

 

血流が悪くなると狭心症や不整脈、心筋梗塞などの心疾患や、脳梗塞、脳血栓などの脳に関わる病気に、肝機能障害や肝炎などの肝臓病が心配されます。

 

また、血流の悪化によって急な老け込みやシワやシミが増える事もあります。

 

スポンサードリンク

 

さらに、紫色に赤みが見られる場合には体内にな熱がこもっている可能性があります。

 

舌の表面に乾いた感じが見られたり、粘っこい苔が付着しているようなら、体内の水分不足が見られるため、糖尿病や脂質異常が疑われます。

 

水を多くのみ、体内の水分量をあげつつ、余分な糖分や脂質を体外へ排出させましょう。

 

 

同じ紫色でも青色が強い場合には、反対に体の体温が下がりすぎている可能性があります。

 

青白い場合には胃腸の疾病の可能性や甲状腺機能の低下が考えられます。

 

青みが濃い紫色の場合重度の冷え性の可能性があります。
筋肉量の低下、過度のダイエット、拒食症、胃腸障害、更年期障害が疑われるでしょう。

 

慢性的な肩こりや腰痛、頭痛などを併発している可能性もあります。

 

冷えは様々な病気の原因となる為、早めの対策が必要となるでしょう。

 

 

紫色が斑点状になっていたり、全体ではなくムラがある場合には血流不良による心疾患や脳疾患などの生活習慣病に注意が必要です。

 

スポンサードリンク