赤い舌 ブツブツ 斑点 病気

舌が赤い ブツブツ 斑点がある場合の病気とは

スポンサードリンク

赤い舌 ブツブツ 斑点がある場合の病気とは

全体的に舌が鮮やかに赤い

アルコールを飲みすぎた場合にも舌が赤くなる事がありますが、体内に熱がこもっていたり、脱水症状を起こして体を冷ます機能が低下している際にも舌は赤くなります。

 

風邪を引いて熱が高くなると顔が赤らむように、舌も同じように赤く変化します。

 

体のどこかに炎症がある場合には、鮮やかな赤い色となり、下の先端部分にブツブツとした斑点が出る場合もあります。

 

この場合には胃炎や肝炎、肺炎などの炎症や感染症が疑われます。

 

 

また、糖尿病やコレステロール値の異常によって体の熱を冷ます機能が低下して全体的に舌が赤くなる場合があります。

 

この場合、舌苔が少なく舌の表面が大きく凹む場合もあります。

 

 

また、単にストレスによって舌が赤くなる場合もあります。実は、舌の色や痛みとストレスの関係は非常に密接であり、自分の精神状態を教えてくれる場合もあるのです。

 

スポンサードリンク

 

全体的に舌が濃い紅色

舌の色がくすんだ赤や濃い紅色をしている場合には、、上記の症状がさらに悪化しているか、重度の炎症がある可能性があります。

 

この場合には既に舌意外にも自覚症状としての痛みや違和感が体のどこかしらで出ているはずです。

 

放置して熱がピークに達すれば、体の痺れや機能生涯、さらには脳への生涯の危険性が高まります。

 

ブツブツが表れている場合にはさらに熱が高まっている証拠です。

 

舌苔が少ない場合には血行不良も考えられるため、高血圧症、胃潰瘍、心筋梗塞や脳卒中の危険性も考えられます。

 

主な原因は食生活や日ごろの運動不足、さらにはストレスなどが考えられますが、まずは病院での医師の判断に従い、正しい治療を行いましょう。

 

スポンサードリンク