舌 やけど 早く治す 治療法

舌のやけどを早く治す治療法とは

スポンサードリンク

舌の火傷(やけど)で痛いときの治療法とは

熱いコーヒーやお味噌汁、食前のスープやおでん等、日常生活で舌をやけどする危険はいくらでもありますね。

 

舌をやけどしてしまうと感覚がザラザラとなり、いつまでもヒリヒリしていてはご飯も食べ辛くなります。特に小さなお子様をお持ちの家庭ではそんな事は日常茶飯事といったところでしょう。

 

軽い舌のやけどであれば、大抵3日ほどすれば自然治癒しますが、もっと早く治す方法は無いでしょうか?

 

口の中ですので、普通の火傷用の治療薬は当然使えません。

 

ここでは簡単に出来る舌のやけどの治療法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

すぐに氷を舐める

皮膚のやけどと同様にすぐに患部を冷やす事は、完治を早める上で重要です。

 

その為、舌をやけどしてしまったと思ったらすぐに氷を口に含み、幹部に当てるように舐めましょう。

 

砂糖やはちみつを乗せる

痛みが取れない場合などは砂糖やはちみつを舌の上に乗せると幹部の炎症が静まり痛みが引いていきます。
飴玉を舐めるのも良いでしょう。

 

しかし応急処置としては有効ですが、糖分の取りすぎには注意してください。

 

 

刺激物を避ける

刺激物が口に進入すると、やけどした舌を刺激してさらに痛みが強くなったり、治りが遅くなります。
辛い食べ物やうがい薬などは極力避けるように生活しましょう。

 

 

以上3つの点を行えば、痛みが弱まり少しだけ治りも早くなるでしょう。

 

しかし、舌の表面に異変がある場合や、何らかの理由で熱湯を一気に飲んでしまった場合等症状が重い場合には直ちに病院へ行き医師による治療をする必要があります。

 

また、熱い飲み物などを日常的に飲み続けている人は、食道癌などの大きな病のリスクが高まります。確かに、熱々のラーメンやおでん等熱いうちに食べた方がおいしいものもありますが、病気のリスクを考えてしっかりと冷ましてから口に運ぶようにしましょう。

 

また、コーヒーやお茶などの熱い飲み物の飲みすぎにも注意しましょう。

 

スポンサードリンク