舌の病気 色や痛みで分かる舌診断ナビ

舌の病気 色や痛みで分かる舌診断ナビ

スポンサードリンク

舌は健康状態のバロメーター 舌の痛みや色で健康状態が丸分かり?

 

舌には、その人の体質、生活習慣、内臓の疾患、病気の兆候やその症状が、いち早く現れる特徴があることをご存知ですか?

 

古くから舌は、健康状態を判断する上で欠かせない、一つの指標、バロメーターの役割がありました。

 

医療技術の発達した現在においても、舌から見て取れる情報は様々であり、色や形、舌苔と呼ばれる舌に付着する苔の状態や、痛みを感じる場所などから、病気の発見や現在の健康状態を知る事が出来ます。

 

体内に潜む何らかの異常は、舌をはじめとする様々な場所に現れ、危険信号として私たちに知らせてくれています。

 

 

特に舌は表面にある粘膜の代謝が早く、3日もすればすぐに新しい細胞に生まれ変わります。

 

その為、体内で何らかの異常が起きた際にも、他の部位よりも早く表意することがあり、病気の早期発見に非常に役立ちます。

 

また、舌を覆う粘膜は薄く、血管を流れる血液の状態が一目で分かる為、医療技術の発達していない時代から、体内の状態を観察する事が可能でした。

 

ところが、舌を観察して病気の発見を速める舌診は、いつでもどこでも出来る簡単な方法にも関わらずそれを知る人は多くありません。

 

スポンサードリンク

 

 

診察はいたって簡単で、どの家庭でも特徴さえ覚えてしまえば実践する事ができます。

 

舌は体内の状態が最も良く現れる場所といえる為、「内臓の鏡」とも言われています。

 

舌が痛いと感じたり、普段とは違う色や形状をしている事に気が付けば、誰でも何かの病気なのではないかと心配になるものです。

 

舌そのものにも舌癌をはじめとする様々な病気が存在するため、痛みや色の変化を感じたらすぐに確認する必要があります。

 

本サイトでは、そんな体内の様子や病気をいち早く知る事ができる、舌の見方を解説していきます。

 

舌の色に異変はないか。ブツブツとしているのかツルツルしているのか。腫れていたり痩せこけていないか。観察するポイントはいくつもあります。

 

あなたの舌にどのような症状が舌に現れていて、どんな危険信号を送ってくれているのか見てみましょう。

 

スポンサードリンク